例えば信号待ちをしている車に自分が追突してしまったとします

そしてこの時には、相手の車と自分の車の両方に修理の必要があるとします。もし自動車保険に加入していない場合には、相手方との交渉は自分で行わなければいけません。また、車の修理代、修理している間のレンタカー代、自分の車の修理代の全てを払わなければなりません。事故の程度にもよりますが、全て合わせて数十万円は掛かってしまうことが考えられます。しかし、自動車保険に加入していた場合には、相手との交渉は代行してもらえますし、対物賠償で相手の損害を補償してもらえて、車両保険で自分の車の損害も補償してもらえるのです。契約内容で自己負担が出てくる場合もありますが、保険の加入・未加入で大きな違いが出てくることは間違いありません。今の時代では、車は生活必需品になっています。通勤や仕事で車を使用するという方は、ほぼ毎日車を運転していることになります。毎日運転していれば、常に事故を起こす可能性と事故に巻き込まれる可能性があります。事故は出来るだけ避けたいものですが、自分だけではどうしようもない場合があります。そんな時のために、常に備えをしておく必要があるのです。

敷金 相談 原状回復

ファイナルファンタジーカード